So-net無料ブログ作成
検索選択

DUCATIオイル交換 [自動車]

オイル交換







昨日に引き続き、今日はドカのオイル交換をした。
今回は、エレメントも交換。
車にしてもバイクにしても、お金が掛かります。

ちなみに写真に写っているモンキーレンチは今回の作業に関係なし。

ハンドル交換 [自動車]

今日、ラフィックス2とショートボスが届いたので早速取り付け。
外は気温35℃くらい。でも早く付けたいから、覚悟して作業開始。
先ずは、ハンドルの径比較。ナルディは径が340ミリで、ノーマルと比べるとこのくらい。
径比較








バッテリーのマイナスは先に外してあったので、トルクスレンチで左右のボルトを外し、エアバックの取り外し。電気が残っていたらカプラーを外す時に「ドカン」らしい。
エアバック取り外し








ステアリングシャフトのネジを緩めて、ハンドル取り外し。
黄色い方がエアバック、黒がホーン。
ハンドル取り外し








ショートボスとラフィックス2の凸側取り付け完了。
写真はないが、エアバックの配線はテープぐるぐる巻きにして、ボスのブーツの下に巻き付けてテープ留めして、隠してあります。
ラフィックス取り付け








あとは、ラフィックス2が「かちっ」と鳴るまで差し込んで完了。
ポジション的には、ほんの少し手前に来たかな位で、純正の時より良くなった。
完成




ステアリング交換計画進行中 [自動車]

ノーマルのハンドルは、本皮巻きではなく、とても滑りやすく、径も大きくてフルバケでは乗り降りも少々辛かった。
前々からハンドルを交換しようと思っていて、ついに注文してしまった。
ハンドルは、今回3本目となるナルディCLASSIC
ただ今回は日本限定販売の径340ミリのパンチングレザーにした。
盗難防止と乗り降りの事を考えて、脱着の出来るラフィックス2をかませる事にした。
写真は取り付け完了時点でUPです。


コルベット・ZR1 vs 日産・GT-R ニュルオンボード [自動車]

YouTube動画がアップされていましたが、GTRの完敗です。
GTRは、セミオートまで、4WD電子制御された足回り。
対して、コルベットはHパターンシフトのFR。
トラクションコントロールくらいは付いてているようだが、タイヤもノーマルらしい。

コルベットの価格は、本国で$100,000超らしいが、パガーニやカレラGTよりも遥かに安くて早い。

YouTubeリンクはこちら

オーリンズ オーバーホール完了 [自動車]

今日は、オーバーホールに出していたオーリンズのショックを車に取り付けた。
オーバーホールは、だいぶ前に終わっていたが、交換する暇がなくて、やっと本日完了。
まず取り外したところ。
取り外し後






ショックとスプリング以外は全部ノーマルです。ブレーキホースくらいは換えた方が良いと思う。ES3フェリオはブレーキが効きません。



スプリング組み付け完了。
組み替え完了






今回は、ノーマルのブーツを履かせました。車に付けると「OHLINS」の文字が全く見えなくなります。



車に取り付け完了。
取り付け完了






今度はフロントのオーバーホールです。


追加:関係ない話ですが、今年の秋にdocomoは907シリーズを発売するそうです。

ソースはこちら




35GT-R VS コルベットZR1 [自動車]

ニュルブルクリンク量産車最速となっておるGT-Rがアメ車コルベットに2秒以上の大差で負けてしまった。時期型NS-Xも現時点で38秒台みたいなのでじぇ~ん_〃_!!ダメ。
日本もロータスイレブンみたいな車作らないとダメです。
本田宗一郎さんの輪廻転生願います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。